個人野鳥撮影データ

過去より今日まで宮田富治が撮影した野鳥のデータであります。見出し画像をクリックしますと拡大写真が表示されます。
他人の写真は一切使っておりません。尚、分布や生態等は「Yachooオンライン野鳥図鑑、日本野鳥の会刊行“フィールドガイド日本の野鳥”」等を参照させていただきました。

サムネイルをクリックすると拡大写真が表示されます。

No 見出し画像 野 鳥 名 雌雄判別 季節別 撮影月日 撮 影 地 野鳥分類・雌雄関係・分布・生態等
1 アオサギ 雌雄同色 留鳥
漂鳥
2007.03.01〜 名古屋市西区
庄内緑地
コウノトリ目サギ科。一夫一妻。同種だけでコロニーを作る場合が多い。河川や海岸近くが多い。
奄美諸島以南では冬鳥である。

2 アオジ ♂♀ 留鳥 2007.02.26〜 名古屋市西区
庄内緑地
スズメ目ホオジロ科。一夫一妻。生息範囲は広く
疎林で藪が多いところなど。
3 アオバト 留鳥 2010.0 5.22 名古屋市西区
庄内緑地
ハト目ハト科。恐らく一夫一妻。常緑広葉樹林
に生息する。
4 アカゲラ 留鳥 2009.12.25 岐阜市
 松尾池
キツツキ目キツツキ科。一夫一妻。低地、低山帯、
高山帯の様々な樹林にすむ。比較的明るい林」を好む。
5 アカハラ 留鳥 2007.04.26〜 名古屋市西区
庄内緑地
スズメ目ツグミ科。夫婦関係不詳。本州中部以北
で繁殖する。東京より北部では、公園などでもよく見かける。
6 イカル 雌雄同色 留鳥 2007.01.22〜 一宮市
浅井山公園
近辺
スズメ目アトリ科。一夫一妻。沖縄諸島を除く広い
範囲で分布する。山地の広葉樹林に多い。
7 ウグイス 雌雄同色 留鳥 2008.02.01〜 長野県茅野市
蓼科御泉水
自然園
スズメ目ウグイス科。夫婦関係不明。日本では全国各地に広く分布。ササ藪や低木で生活する、冬季は平地水辺のブッシュなどで見かける。これが一番の撮影チャンスです。
8 エゾビタキ 雌雄同色 旅鳥 2009.0921 一宮市
浅井山公園
スズメ目ヒタキ科。夫婦関係不明、日本は通過地点。冬季はインド東部、フィリッピンなどで過ごす。低山や平地の林で見られる。
9 エナガ 雌雄同色 留鳥 2007.01.19〜 一宮市
大野極楽寺公園
スズメ目エナガ科。一夫一妻。北海道以外で全国的に見られる。低地や低山帯のいろんな樹林にすむ。よくシジュウカラなどの群れに混じっている。
10 オオジュリン 冬鳥 2009.03.19 名古屋市西区
庄内緑地
スズメ目ホオジロ科。一夫一妻。湿地帯とその周辺の草原にすむ。北海道、青森県、秋田県では夏鳥として繁殖する。本州以南には冬鳥として渡来する。
11 オオモズ 雌雄同色 冬鳥 名古屋市西区
庄内緑地
スズメ目モズ科。主に北日本に渡来する。数少ない冬鳥として主に北日本に渡来する。中部地区の名古屋市で撮影したが、珍しいことである。
12 オオルリ ♂♀ 夏鳥 2008.05.07〜 瀬戸市岩屋堂
小牧市児の森
春日井自然森
スズメ目ヒタキ科。一夫一妻。南西諸島を除く北海道から九州までの全国各地で繁殖する。
渡りの時期には市街地の公園でも観察されるので、撮影のチャンスである。夏季は山地で過ごす
13 オシドリ ♂♀ 留鳥 2009.10.19 岐阜市
 松尾池
カモ目カモ科。一夫一妻。北海道、本州、九州、沖縄で繁殖する。冬季は本州以南で過ごし、山間の淡水域で見られる。ドングリが好物です。
14 カシラダカ 冬鳥 2007.01.03〜 一宮市
138タワーパーク
木曽川河川敷
スズメ目ホオジロ科。一夫一妻らしい。冬は低地や低山帯の幅広い部分で見られ、山地では相当数の群れが集まる。ススキの中で各個体ばらばらで眠る。
15 マガモ ♂♀ 冬鳥 一宮市
浅井山公園
カモ目カモ科。一夫一妻。ごく普通に見られるカモでほぼ全土で越冬する。上高地にはかなりの数が例年繁殖している。淡水、汽水域で多く過ごす。
16 カルガモ 不詳 留鳥
漂鳥
一宮市
浅井山公園
カモ目カモ科。一夫一妻。北海道では夏鳥で本州以南は留鳥として繁殖し最も普通のカモです。
17 カワウ 雌雄同色 留鳥 2007.04.10 一宮市
138タワーパーク
 木曽川
ペリカン目ウ科。一夫一妻。青森県では夏鳥として繁殖する。内陸の淡水、河川、湖沼、海上で見られる。放流されたアユ、アマゴ、ニジマスなどが多く捕食され被害を与えているので、嫌われている。
18 カワセミ ♂♀ 留鳥 2006.09.28〜 名古屋市西区
庄内緑地他
ブッポウソウ目カワセミ科。一夫一妻。北海道では夏鳥です。営巣地の土手がコンクリート化で各地個体数が減少している。町に近い河川や池でも小魚がおればよく見られる。
19 カワラヒワ 留鳥 2007.01.03〜 一宮市
138タワーパーク
木曽川河川敷
スズメ目アトリ科。一夫一妻。人家周辺、農耕地、雑木林等で群れで生息する。北海道ではほとんど夏鳥です。
20 キジ 留鳥 2007.04.12〜 一宮市
富塚の空き地
キジ目キジ科。乱婚。日本列島の特産種。本州から九州まで生息。平地そ草原、農耕地、林などに生息する。ケーン、ケーンと大きな鳴き声で存在を知らせ、縄張りを形成する。
21 キジバト 雌雄同色 留鳥 一宮市
富塚の空き地
ハト目ハト科。一夫一妻。ごく普通に見られるハトで低地から亜高山帯まで幅広くすむ。特に畑地と周辺の集落、雑木林に多い。
22 キセキレイ 留鳥
漂鳥
2008.09.08〜 瀬戸市
 岩屋堂

スズメ目セキレイ科。一夫一妻。低地、低山帯の多く、小さな水路や川など水辺にすむ。渓流や清流などのやや上流部を好む。
23 キビタキ ♂♀ 夏鳥 2008.05.07〜 名古屋市
 鶴舞公園
スズメ目ヒタキ科。一夫一妻。夏鳥としてほぼ全国的に分布する。薄暗い林を好み、渡りの時期には市街地の公園でもよく見かける。
24 キンクロハジロ 冬鳥 2007.04.06 琵琶湖 カモ目カモ科。一夫一妻。日本には全土に渡来する。春の渡り期には数千〜数万羽の大群になす。
25 クロツグミ 夏鳥 2009.02.04 名古屋市西区
庄内緑地
スズメ目ツグミ科。一夫一妻。九州以北の各地に分布する。低山帯の林から標高1000m以下の山地に生息する。
26 ケリ 雌雄同色 留鳥 2008.01.25 一宮市
富塚の空き地
チドリ目チドリ科。一夫一妻。日本列島で繁殖し、本州の水田等に飛来する。警戒心が強く田圃の巣近くに来るカラスや人に攻撃を仕掛ける。
27 ゴイサギ 雌雄同色 夏鳥
留鳥
2007.04.12〜 一宮市
富塚近辺田圃
コウノトリ目サギ科。乱婚か一夫一妻か不詳。本州か九州まで各地で繁殖する。夜行性であるが、昼間でも普通に見かける。
28 コガモ 冬鳥 2010.01.25 一宮市
浅井山公園
カモ目カモ科。一夫一妻。冬季は淡水域に多く、河川や池などでは比較的見やすい。
29 コゲラ ♂♀ 留鳥 2009.04.28 名古屋市西区
庄内緑地他
キツツキ目キツツキ科。日本における最小のキツツキ。低地や低山帯の樹木の多い所に生息する。ちょっとした公園でも見かけることがある。
30 コサギ 雌雄同色 夏鳥
漂鳥
2009.11.25 岐阜県川島町 コウノトリ目サギ科。一夫一妻。本州から九州までの各地で数多く繁殖する。低地、水田、河川などの水辺に多い。
31 コサメビタキ  雌雄同色 夏鳥 2008.09.09〜 一宮市
大野極楽寺公園
スズメ目ヒタキ科。一夫一妻。北海道から九州までの全国各地で繁殖する。平地から標高1000m以下ぐらいまでの明るい林に生息する。
32 コジュケイ 雌雄同色 留鳥
帰化鳥
2008.05.16〜 一宮市
タワーパーク
キジ目キジ科。♀はけづめがない。中国東南部原産の鳥で帰化鳥である。1919年頃に狩猟鳥として東京都に放鳥されたものが野生化した。下草の良く茂った明るい雑木林に年中生息する。
33 コムクドリ 夏鳥 2008.05.07〜 名古屋市
 鶴舞公園
スズメ目ムクドリ科。一夫一妻。本州中部以北で繁殖する。本州中部では主に山地の市街地に、生息する。
34 コルリ 夏鳥 2010. 5.22 名古屋市西区
庄内緑地
スズメ目ツグミ科。一夫一妻。本州中部以北から北海道で繁殖する。ささ藪が茂った低山から亜高山の落葉広葉樹林で過ごす。
35 シジュウカラ ♂♀ 留鳥 2007.01.03〜 瀬戸市
 岩屋堂
他多数の場所

スズメ目シジュウカラ科。一夫一妻、一夫三妻の例もある。殆どの低地や低山帯の林にすむ。樹木の多い公園などでも見かける。
36 シメ ♂♀ 冬鳥 2007.01.03〜 一宮市
大野極楽寺公園
スズメ目アトリ科。一夫一妻。主に落葉広葉樹林や雑木林などの明るい林で見られる。市街地の公園に訪れる。
37 ジョウビタキ ♂♀ 冬鳥 2006.12.28〜 一宮市
富塚の空き地
スズメ目ツグミ科。夫婦関係不詳。越冬季には農耕地周辺、河原、明るい林など開けた環境に生息する。市街地でも普通に見られる。
38 シロハラ ♂♀ 冬鳥 2008.01.27〜
名古屋市西区
庄内緑地
スズメ目ツグミ科。夫婦関係不詳。低山や丘陵のササなどの下生えがよく茂った常緑広葉樹林に生息する。
39 スズメ 雌雄同色 留鳥 犬山市
 成田山
スズメ目ハタオリドリ科。一夫一妻。人家、樹林帯、農耕地、草地、市街地にも見られる、最も馴染み深い野鳥です。殆ど群れてすごす。
40 セグロセキレイ ♂♀ 留鳥 一宮市
富塚の空き地
スズメ目セキレイ科。一夫一妻、一夫二妻の例もある。低地、低山帯の河川やその周辺に生息する。水田や集落、市街地でも見られる。
41 センダイムシクイ 雌雄同色 夏鳥 2008.08.22 岐阜市
 川島町
スズメ目ウグイス科。夫婦関係不明
低山帯の落葉広葉樹林に生息する。標高の低い山地で見かけることが多いが、わたしが撮った環境はごく平地の僅かな林にいるところを偶然撮ったものです。
42 タヒバリ 雌雄同色 留鳥 2007.02.06 一宮市
タワーパーク
スズメ目セキレイ科。一夫一妻。本州以南の各地で越冬する。冬は河川や湖沼などの水辺、海岸の波打ちぎわなどに現れる。北海道では旅鳥です。
43 ツグミ ♂♀ 冬鳥 2007.01.03〜 名古屋市西区
庄内緑地他
スズメ目ツグミ科。夫婦関係不詳。全国に渡来する。低地から山地の林を主にいろんな環境に生息する。水のない田圃でよく見かける。
44 ツツドリ 夏鳥 一宮市
萬葉公園
カッコウ目カッコウ科。夫婦関係不詳。低山帯の落葉広葉樹林や亜高山帯の針葉樹林に生息する。
45 ツバメ ♂♀ 夏鳥 名古屋市西区
庄内緑地
スズメ目ツバメ科。一夫一妻。種子島以北の日本全土に夏鳥として渡来する。町、市街、山間の村落に多い。営巣地付近のあらゆる環境を飛翔して採餌とする。
46 トラツグミ 雌雄同色 留鳥 2010.04.26 岐阜市
 松尾池
スズメ目ツグミ科。夫婦関係不詳。日本では全国的に分布する。丘陵から低山帯の山地の暗い林に生息する。
47 ノゴマ 夏鳥 2008.11.06 名古屋市西区
庄内緑地
スズメ目ツグミ科。一夫一妻。北海道で繁殖している。渡りの時期の中継点として中部地方の「庄内緑地」で撮ったもので2年連続で確認されている。
48 ノジコ 留鳥 2008.07.19 長野県茅野市
蓼科御泉水
自然園
スズメ目ホオジロ科。一夫一妻。日本の本州の中部以北だけで繁殖する。冬季は本州西南部などで過ごす。低山帯の二次林や藪地で見られる。
49 ノビタキ ♂♀ 夏鳥 2009.10.13〜 一宮市
富塚の空き地
スズメ目ツグミ科。一夫一妻。本州中部以北で繁殖し、西南日本では渡り期に見られる。この撮影地では2年連続で確認している。
50 ハクセキレイ ♂♀ 留鳥 一宮市
富塚の空き地
スズメ目セキレイ科。一夫一妻。この地域では年中見られるが、特に冬に平地で多く見られる。低地の海岸地方、河川、湖沼、など水辺を中心に生息する。
51 バン 雌雄同色 留鳥夏鳥
2007.04.26〜 名古屋市西区
庄内緑地
ツル目クイナ科。一夫一妻&一夫多妻もある。本州北部では夏鳥として。淡水域のヨシやガマが生育する湿地に生息する。
52 ヒガラ 雌雄同色 留鳥
漂鳥
2008.07.19 長野県茅野市
蓼科御泉水
自然園
スズメ目シジュウカラ科。一夫一妻。日本では本州から屋久島まで分布する。低山帯の上部から亜高山帯の樹林で繁殖する。カラ類で混群を作る。
53 ヒバリ 雌雄同色 留鳥
漂鳥
2007.02.26〜 一宮市
138タワーパーク
木曽川河川敷
スズメ目ヒバリ科。一夫一妻。冬季寒冷地のものは南下して越冬する。牧場、草原、河原、農耕地等に生息する。春には中天高く舞い上がり囀っている。
54 ヒヨドリ 雌雄同色 留鳥 一宮市
富塚の畑
スズメ目ヒヨドリ科。一夫一妻。北海道では夏鳥。低地や低山帯の樹林にすむ。庭木の多い人家周辺、樹木の多い公園などで繁殖する。要はどこにでも生息する。
55 ヒレンジャク ほぼ
雌雄同色
冬鳥 2009.3.17 豊田市
松平
やどりぎ
スズメ目レンジャク科。夫婦関係不明。東日本ではキレンジャクが多く観察される。平地の農耕地周辺、山際の集落や木の多い市街地、公園などに現れる。特にヤドリギなどの実を好む。
56 ビンズイ 雌雄同色 留鳥 2008.07.19〜 長野県茅野市
蓼科御泉水
自然園
ススメ目セキレイ科。一夫一妻。本州中部では、比較的
標高の高い山地の明るい林、林緑緑、草原等などに生息する。
57 ベニマシコ ♂♀ 冬鳥 2007.01.19〜 名古屋市西区
庄内緑地
スズメ目アトリ科。一夫一妻。本州以南では冬鳥であるが、北海道と下北半島では夏鳥として繁殖する。越冬地では低山帯の林緑、疎林、農耕地や川辺の藪の多いところで見られる。
58 ホオジロ ♂♀ 留鳥 2007.01.03〜 小牧市
 児の森他
スズメ目ホオジロ科。一夫一妻。ごく普通に見られる鳥だが低地や低山帯の何処でも見られる。草原、藪地、林緑など生息範囲は広い。
59 ホトトギス 雌雄同色 夏鳥 一宮市
浅井山公園
カッコウ目カッコウ科。夫婦関係不詳。北海道南部から九州までの各地で繁殖する。生息環境もウグイスと一致していて、低地から山地のササ藪のある林に生息する。
60 ミサゴ 雌雄不明 留鳥 2009.09.24 名古屋市西区
庄内緑地
タカ目タカ科。一夫一妻。極地を除く全世界に分布する。海岸、河川、湖などで採餌し、人気のない海岸の岩の上や岩棚、水辺に近い大きな木の上に巣を作る。
61 ミヤマホオジロ ♂♀ 冬鳥 2010.01.20 岐阜市
 松尾池
スズメ目ホオジロ科。夫婦関係不詳。日本では各地に現れ本州以南で越冬する。低地や低山帯の樹林、林緑などの藪の多い所でみられる。
62 ムクドリ ♂♀ 留鳥
2007.03.19〜 名古屋市西区
庄内緑地
スズメ目ムクドリ科。一夫一妻だが一夫二妻もある。人の手が入っている環境に多い。そこらの市街地の公園などに群れて生息している。
63 メジロ 雌雄不明 留鳥 2007.01.05〜 一宮市
浅井山公園
スズメ目メジロ科。一夫一妻。日本の諸島を除く全国で
見られる。平地から山地までの林に生息する。市街地公園でもよく見られる。
64 メボソムシクイ 雌雄同色 夏鳥 2009.10.13 名古屋市西区
庄内緑地
スズメ目ウグイス科。一夫一妻。北海道、本州、四国に夏鳥として渡来し繁殖する。亜高山帯針葉樹林で繁殖する。渡りの時期には低地や低山帯のマツ林や雑木林などで見られる。(撮影したのはそんな時期でした)
65 モズ ♂♀ 留鳥 2006.11.04〜 一宮市
浅井山公園
スズメ目モズ科。一夫一妻。水平的にも垂直的にも季節的移動を行っている。開けた環境であれば至るところで繁殖する。2月中旬頃にオスの縄張りにメスが訪れてメスの一方的選択で一夫一妻が成立する。時には婚外交尾もあるようでDNA指紋法により明らかとなった。
66 ヤマガラ 雌雄同色 留鳥 2006.10.26〜
岐阜市
 松尾池
スズメ目シジュウカラ科。一夫一妻。日本の諸島を除いて繁殖する。低地から低山帯のいろいろな樹林にすむ。
鳥獣保護法制定以前は「ヤマガラのおみくじ引き」として
神社の祭礼時に見せ物として行われた。
67 ユリカモメ 雌雄同色 冬鳥 2008.01.06 静岡県
焼津
チドリ目カモメ科。一夫一妻。海岸、内陸の水域など広い範囲で見られる。年中群れで生活し、大群になる。
68 ルリビタキ ♂♀ 留鳥
2009.02.12〜 岐阜市
 松尾池
スズメ目ツグミ科。一夫一妻。日本では四国、本州以北の亜高山帯で繁殖する。冬季は本州の低地で過ごす。
単独でいることが多いが繁殖期には強い縄張りをもって
分散する。
69 サンコウチョウ ♂♀ 夏鳥  2010.05.31 岐阜市
ながら川ふれあいの森
スズメ目カササギヒタキ科。一夫一妻。夏鳥として5月頃に本州から屋久島までの各地に渡来する。標高1000m以下の山地の暗い林に生息する。この鳥を見つけるには巣を探すことが肝要。
70 オオヨシキリ 雌雄同色 夏鳥 2010.07.15 長野県
蓼科湖畔
スズメ目ウグイス科。一夫一妻。
夏鳥として全国各地の水辺のヨシ原に生息する。8月〜9月には暖かいアジア大陸へ帰る。
71 チョウゲンボウ 留鳥 2010.10.27 名古屋市西区
庄内緑地堤防
タカ目ハヤブサ科。一夫一妻。繁殖は日本数県に及び冬は各地に広がる。高い鉄塔とか何か建造物に営巣する。
72
ト ビ 雌雄同色 留鳥 2011.02.16 名古屋市西区
庄内緑地堤防
タカ目タカ科・一夫一妻・雌雄同色。九州以北で留鳥として各地の海岸・農耕地・河川・湖沼等の平地から山地に
まで生息。
73 マミジロ 夏鳥 2011.05.09 名古屋市西区
庄内緑地
スズメ目ツグミ科・一夫一妻・夏鳥として日本では北海道
から本州中部の山地で繁殖し、渡りの時期には公園でも見かけることがある。
74
マミチャジナイ 旅鳥 2012.04.17 名古屋市西区
庄内緑地
スズメ目ツグミ科冬鳥であるが、旅の途中での撮影が出来た。沖縄や西日本では少数が越冬する。